KnowledgeK-POPの知識・コラム

K-POPグループで活躍する日本人アーティスト

Depositphotos_70567011_xl-2015.jpg


とどまることを知らないK-POPブーム。次から次へと新しいグループが生まれていますが、日本に進出するK-POPアイドルも増え、さらにK-POPが身近になり、韓国アイドルに憧れをもつ人も増えてきたのではないでしょうか。実際に最近のK-POPグループにはたくさんの日本人が韓国で、K-POPアイドルとして活躍してるとか!そこで、今回は韓国でK-POPアイドルグループのメンバーとして活躍中の日本人を紹介していきます。


■ これは有名!人気アイドルTWICEで活躍してる!


TWICEは2015年に韓国のサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して、選ばれた9人のメンバーで構成されています。その中に、日本人がなんと3人も!簡単に紹介していきます。


・ダンスが得意で、TWICEのメインダンサーを担当、京都府出身のモモ。
ダンスバトル番組「HIT THE STAGE」に出演し、韓国で大きな話題になりました。


・TWICEの中でも萌えクイーンとして人気、大阪府出身のサナ。
デビュー前から芸能活動をしていて、バックダンサーとしても活躍していたとか。可愛らしい仕草が日韓の男性を虜にしています。


・TWICEで一番上品で優雅なメンバーとして人気の兵庫県出身、アメリカ国籍も持つミナ。
ミナはバレエを11年間も習っていましたが、ダンスはほぼ未経験。練習歴わずか1年半にもかかわらず、その実力を認められてシンデレラガールに。韓国のお母さんたちが選ぶ「嫁になってほしい芸能人」としても急浮上しました。


■ あなたは何人知ってる?K-POPグループで活躍する日本人


・男性グループのなかで活躍している日本人といえば、NCTという韓国の男性アイドルグループ、大阪出身のユウタ。
韓国の大手芸能プロダクション、SMエンターテインメントからデビューした日本人はなんとユウタが初めてだそう。サッカー少年だったユウタは、2012年にSMのグローバルオーディションに合格し、晴れてSMエンターテインメントの練習生になりました。笑顔が魅力なユウタにメロメロになってしまうファンも多いんだとか♪


・続いて韓国で大活躍、PENTAGONのユウト。
PENTAGONは韓国のMnetのデビューリアリティー番組「PENTAGON MAKER」を通じて選ばれた韓国、日本、中国出身の10人組男性アイドルグループ。CUBEエンターテインメント所属で、2016年にデビューしました。低音のラップ担当なので、クールに見えるユウトですが、自分のラップパート前には「ユウトだ~」と自己紹介から始まるそうです。家族思いでお父さんのことをパパと呼ぶなど可愛らしい一面も。


・韓国のオーディション番組、プロデュース101シーズン2に出場し、惜しくも脱落した、群馬県出身の高田健太。
一度は脱落はしたものの、なんとファンの熱い声援によりJBJとしてデビューを勝ち取りました。K-POPアイドルになる前は、日本でK-POPダンスカバーチームとして活躍していたそうで、そこからK-POPアイドルとしてデビューできるという、憧れの存在となっております。また、アイドルとしてだけでなく韓国ドラマにも多数参加しており、歌手だけでなく演技も注目です。


・新しく誕生、女性K-POPアイドルグループ、「IZ*ONE」(アイズワン)。
韓国と日本の合同のグローバルガールズグループで、オーディション番組「PRODUCE48」の合格者12人で2018年に結成され、2021年4月まで、2年6か月の期間限定で活動していくグループ。期間限定というのもなかなかない活動ですが、このIZONEのなかにAKBグループから、宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3人の日本人が選ばれました。
韓国ではデビューしてすぐ、新人賞を獲得。滑り出しは順調で、人気のほどは上々!はやくも完コピ動画があがっており、新たなガールズグループの仲間入りとなりそうです。


■ どうやったらK-POPグループに入れるんだろう


TWICEやBTSなどグループによる世界的な大活躍により、日本人でもK-POPアイドルになりたいと憧れを抱く中高生は増えてきています。日本のアイドルよりは、実力主義なので厳しい世界ですが厳しいわりに見合ったメリットはかなり大きいです。


では、どうやったらK-POPになれるのか!まずは事務所の練習生になる必要があります。練習生になれば歌やダンスのレッスンを受けれますし、生活費などすべての費用を事務所が負担してくれます。では、練習生になるためには・・・スカウトされるか、オーディションを受けるかの2つです。
 スカウトは、街中でのスカウト以外にもTWICEのモモのように自らYoutubeやSNSで発信することで目に止めてもらうという方法があります。今やSNSは当たり前なので、最近はSNSからスカウトも多いそうですよ。
 オーディションは、韓国の大手事務所であれば年に1回やっていたり、日本でも開催されています。事務所もさまざまありますが、今後の活動を考えるとやはり大手がいいところ。
韓国の大手3大事務所を紹介すると、東方神起や少女時代、EXOなどが所属のSMエンタはルックス重視、BIGBANGやBLACK PINKなどが所属のYGエンタは実力や個性を重視、2PMやTWICEなどが所属のJYPエンタのオーディションはルックスと実力をバランスよく見る傾向にあります。自分のチャームポイントや、特技などが生かせる事務所を探してオーディションをうけてみるといいかもしれません。


おわりに
 K-POPアイドルを目指すとなると必ず必要になるのは語学力。日本語verの曲もありますが、ベースはすべて韓国語になります。綺麗な韓国語の発音はかなり求められるので、韓国語が話せるだけでも合格の確率はあがるかもしれません。また、日本と大きく違うのがスタイル重視なところ。かなりスタイルについては厳しいらしく、体型の維持する自己プロデュース力は必要です。
韓国でオーディションを受けても練習生になれるのが一握りの世界。どの芸能活動も厳しい世界ですが、デビューできればとてつもない可能性があります。TWICEや男性グループのおかげで、今や日本人にもチャンスはたくさんありますので、K-POPアイドルになりたいという人は後悔せずに、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪